ロマンチックなカップル
  • ホーム
  • バイアグラは言わずと知れたED治療薬

バイアグラは言わずと知れたED治療薬

薬を持つ男性

ED治療薬としてあまりにも有名なバイアグラですが、もともとは狭心症の治療薬として開発されました。
その臨床試験の最中に、患者の勃起を促す作用が発見され、勃起不全の特効薬として発売されたという経緯があります。
効果が非常に高いことが知られて、瞬く間にアメリカから全世界に広まり、1999年には早くも日本の厚生労働省から承認を受けています。
申請から約半年で認可を受けたのは、日本では異例の早さと言われています。
バイアグラの主成分はクエン酸シルデナフィルです。
この成分にはPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の働きを抑える作用があります。
PDE5は血管を収縮させる酵素で、陰茎海綿体に作用すると勃起したペニスを萎えさせます。
必要に応じて勃起をコントロールするための酵素ですが、EDの原因にもなります。
バイアグラはPDE5を抑制することにより、勃起力を向上させることができます。
バイアグラには、いわゆる媚薬に該当する成分は含まれていません。
性欲を増進させる効果はないので、もともと性欲がなければ飲んでも意味はありません。
また服用しても、それだけで勃起するわけではありません。
性的な刺激を受けて、脳が勃起するよう命令することにより、初めて勃起するメカニズムです。
刺激さえあれば勃起を促すとともに、長時間維持させる効果が期待できます。
効果は4~5時間ほど持続します。
バイアグラは狭心症の薬だったことからも分かるとおり、血管を拡張させる作用があります。
内服薬なので、この働きは陰茎だけでなく、全身にも影響を及ぼすことがあります。
頭部に成分が回ると、のぼせたり頭痛やめまいを感じたりする可能性があります。
また鼻の毛細血管が拡張し、鼻づまりを感じる方もいます。
慣れてくれば問題ない程度ですが、初めのうちは性交に集中できないかもしれません。
多くの場合、バイアグラで重大な副作用が出ることはありませんが、高血圧や心臓病で治療中の方は注意が必要です。
特に硝酸系の降圧剤と併用すると、血圧が下がりすぎて危険な状態に陥ることがあります。
日本でも病院に運び込まれるケースが報告されており、禁忌となる薬については知っておかなければなりません。
そのほか肝臓病や腎臓病の方も、服用の前には医師と相談することをお勧めします。

バイアグラの正しい服用法

バイアグラは性交の1時間ほど前に、水か湯で服用します。
食事の影響を受けやすい薬とされており、できるだけ空腹時に服用したほうが、効き目が早く現れます。
満腹時や脂っこい食事をした後では、十分な効果が出ないこともあるため気をつけてください。
アルコールも少量ならリラックス効果を得られますが、大量に飲酒するとバイアグラの効果を打ち消してしまいます。
デートの前に服用するなら、デートコースは慎重に選びましょう。
基本的にバイアグラの服用は、1日1錠が上限とされています。
1回服用したら、次回までは24時間空ける必要があります。
日本で発売されている錠剤には、有効成分が25mg含まれたものと50mg含まれたものの2種類があります。
初めて服用する際には様子を見るため、25mgから試してみることをお勧めします。
効果が不足していると感じたら、最大100mgまで増量することができます。
ただし、その場合は専門の医師の診察と指導を受けなければなりません。
バイアグラが女性に有効かどうかは、医学的には証明されていません。
一般に媚薬の効果はないとされていますが、下腹部の血流を促進することから、冷感症を改善し潤滑液を増やすのではないかとも言われています。
日本の医療機関では女性にバイアグラが処方されることはありませんが、海外では不感症の治療薬として用いられることがあります。
しかし男性用のバイアグラを女性が服用することは、副作用の検証も不十分なので、避けたほうがよいでしょう。

関連記事